みんなの住まい

子どもの成長を住まいがサポート!? ママ注目のマンション選びのポイントとは

可愛い我が子の健やかな成長のため、できるだけのびのびと過ごせる環境を整えてあげたいのが親心。マイホーム購入の際には、周辺環境や間取りなども子どもの成長を考えて選ぶ方が多いのではないでしょうか。最近では、ライブラリーやパーティールーム、さらにはDIYができるスペースのある物件など、遠くに出かけなくても親子の時間を有意義に過ごせる共用施設が備わった物件も増えてきています。今回はそんな、子育て世帯に嬉しいマンションの共用部をご紹介します。

※TOP画像/パークシティ中央湊 ザ タワーキッズルーム完成予想CG

住まいが図書館に?もっと身近に本を感じる

青山ブックセンターと提携しているライブラリーラウンジがあるパークホームズ調布桜堤通り

「子どもにはたくさんの本に出会い、豊かな心を育ててほしい!」 そんなママの願いを叶えるのが、ライブラリーがあるマンションです。書店や図書館に行かずとも様々な分野の本に出会うことができ、自宅の本棚が限られていても置き場所に困ることがありません。例えば雨の日や寒い日、のんびりしたい休日などに、住人専用のライブラリースペースで心ゆくまま本の世界に身を委ねることができたら嬉しいですね。大人も子どもも本を身近に感じることができ、読書の習慣が自然と身につきそうです。

自宅以外に目的別ルームがあれば、子連れパーティも楽しめる

パークホームズ調布桜堤通り パーティルーム

お友達や家族と交流を持てる空間として便利なのがパーティルームやゲストルームです。子どもが小さいときは外に出かけるのが難しくても、マンション内であれば気軽に行き来ができますよね。パーティルームでは広さが十分に確保されていることが多く、キッチンや家具等も備え付けられているので、居心地よく過ごせます。これなら子ども連れでも安心して招いたり招かれたりできます。

そしてそのまま来客を泊めることができるのが、ゲストルームです。ホテルのように洗練された造りの部屋でも宿泊費が抑えられていることが多いので、大変人気があるのだとか。離れた場所に暮らす両親のことも気兼ねなく招くことができますね。普段は会えないおじいちゃん、おばあちゃんとの交流も増えれば、子どもたちも喜ぶのではないでしょうか。

学びの時間を充実させるのは、集中できる環境から

試験勉強や受験勉強をするのにオススメなのが、マンション内のスタディルームです。テレビやゲームなど自宅には気が散る原因になるものが色々とあるので、図書館や塾の自習室に通って勉強している子どもも少なくないと思います。もしマンション内にスタディルームがあれば、一人になって集中したい時もわざわざ遠くまで移動する手間も省けますし、防犯面でも安心できます。半個室のようにパーテーションで区切られている空間は一年を通じて空調が管理されているので、快適な環境で勉強に集中できますね。自主勉強の習慣も自然と身に付くかもしれません。

ものを作りながら創造性を育み、コミュニケーションのきっかけもつくる

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン コーボーアンドコーボー完成予想CG

自分で棚を作ってみたい、古い家具を修理してみたい……などDIYを行うのに便利なのが、マンション内のスペースです。大きな作業台があれば家具の加工などができますし、手洗い場があれば汚れを自宅まで持ち込まなくてすみます。一人で黙々と工作するのも楽しいですが、親子で作業をすれば、創造性やモノを作る喜びが倍増しますね。また、マンション内の他の住人とコミュニケーションする機会も増えるので、お友達作りのきっかけになるかもしれません。

ママも子どもも楽しい!安心して遊べるのはマンション内だからこそ

パークホームズ流山セントラルパーク キッズルーム完成予想CG

元気いっぱいの子どもたちは家の中でじっとしてはくれません。マンションのキッズスペースは何といっても自宅からの距離が近いことが最大の魅力。雨の日は濡れる心配がなく、忘れ物をしたときも直ぐに自宅に戻ることができます。また、利用者が基本的には住民に限られていて防犯面でも安心できるので、子どもたちを思い切り遊ばせることができます。同世代の子どもを持つパパママと交流することができるのもキッズスペースのメリットです。

単なる施設に留まらず、住民を繋ぐコミュニケーションスペースとしての役割を持つ共用部。自分たちだけではなく、ほかの子育てファミリーとの交流も生まれる共用部があれば、子育ての悩みなども軽減できるかもしれません。共用部を上手に使って豊かなマンションライフを楽しみたいですね。