みんなの住まい

「カーテン」だけじゃない! 素敵なお部屋は窓周りのインテリアコーディネートから

お部屋の印象を大きく左右する窓辺のインテリア。窓を彩る代表的なアイテムといえばカーテンですが、実は他にもいろいろあるのをご存知ですか? 今回は、お部屋の雰囲気やシーンに合わせて楽しめる、窓周りのコーディネート術をご紹介します。

※TOP画像/パークホームズ船橋塚田

窓周りアイテムの種類や機能って? 基本を知ってスマートに選ぶ

コーディネート術の前に基本を学びましょう。窓周りの装飾や演出のことを、「ウィンドウトリートメント」と言います。窓を演出する上でもっとも一般的なアイテムが、「カーテン」です。どんな家庭にも馴染みのあるアイテムですが、他にも様々な種類があります。カーテンの他に「ローマンシェード」、「スクリーン」、「ブラインド」など、どのアイテムもいろいろな役割を果たす窓周りのアイテムです。インテリアの一部として機能する「装飾」、外からの視線や日差しを遮る「遮蔽・遮光」、生地が音を吸収して騒音を減らすなどの「防音」、窓ガラスから入ってくる熱気を防ぎ、室内の空気が窓から外に逃げるのを防ぐ「断熱」などその役割は様々。どのタイプを選ぶかによってお部屋の雰囲気も大きく変わってきます。まずは簡単に、各アイテムの特徴を押さえておきましょう。

ファブリックを仕立てて窓の上部から吊るして覆う、多くの方になじみが深い代表的なウィンドウトリートメント。ほとんどの住まいには、カーテンレールが取り付けられていますよね。専門店がある程、色・柄など種類が豊富にあるため、取り入れやすく、いろいろなバリエーションを楽しむことができます。

シェード(ローマンシェード)

パークホームズ船橋宮本ヒルトップ

カーテン生地を仕立ててコードの操作によってたたみあげるスタイル。生地の重なりが美しいので、優雅で優しい雰囲気のインテリアに最適です。様々なヒダのタイプがあり、幅広いバリエーションから選べます。

映像を映すスクリーンのように、1枚の生地を上部のロールに巻き上げたり降ろしたりして高さを自由にコントロールできるタイプ。すっきりとした印象になるのでシンプルにまとめたいときにおすすめです。「ロールスクリーン」の他にも、生地を蛇腹状にたたみあげて使う「プリーツスクリーン」、複数のパネル状の生地をレールに吊るして左右にスライドして開閉させる「パネルスクリーン」があります。

水平方向に組まれたハネの傾きを調整でき、スクリーンのように全体を上下することもできる「インテリアブラインド」。ハネの傾きで採光や通風などの微調整ができるので機能性も抜群。幅広のハネを縦に並べて左右に開閉させる「バーチカルブラインド」もあります。

実践!住まいを彩るウィンドウトリートメントで、自分らしさをコーディネート

気になるウィンドウトリートメントのタイプは見つかりましたか? ウィンドウトリートメントを成功させるポイントの一つは、カラーコーディネートです。どの色をどのくらいの面積で使うかという色の配分を考えてアイテムを選ぶと上手くいきますよ。

配色のバランスなどは、以前「みんなの住まい」でもお伝えしたこちらの記事を参考にしてくださいね。
お部屋を理想のテイストにするには? 「ナチュラル&シンプル」なインテリアコーディネートのコツ

続いてモデルルームの写真を例に、素敵なコーディネートを見てみましょう。

透け感が美しいレースカーテンで作る、カジュアルなリビングダイニング

パークホームズ八王子

暖かい日差しが注ぐリビングダイニング。透け感のあるレースカーテンは、みんなが集まるリビングの明るい雰囲気にぴったり。柔らかな生地が外と室内を緩やかに区切り、空間に広がりを持たせています。ベースカラーに白色を使って全体的に優しい雰囲気のインテリアに仕上げながらも、床や家具にダークカラーを使用し、部屋を引き締めてメリハリをつけているのがポイントです。

カラフルなローマンシェードで作る子ども部屋

パークホームズ調布桜堤通り

子どもの想像力を膨らませてくれるような遊び心のある部屋作りには、鮮やかな色合いのローマンシェードをセレクトしてみてはいかがでしょう。透け感のあるシアーファブリックを選ぶことで、色の持つ強さも程よく和らぎます。オフホワイトをベースカラーにしながら、緑、ピンク、青、と様々な色をアクセントカラーに使って子どもの部屋をポップに楽しく飾り付けます。原色の小物が多く、散らかりがちな子ども部屋も、壁の一部や床に落ち着いた色を使うことで全体が締まって見える効果も。

縦のラインのバーチカルブラインドで、安眠を呼ぶ寝室作り

パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー

幅広のハネを縦に並べたバーチカルブラインド。天井から床まで長い縦の線が強調されるので空間をすっきり見せる効果があり、シンプルモダンなスタイルに最適です。バトン(操作棒)でハネを回転させれば、ほどよく光を室内に取り入れることができます。ベッド、間接照明、グリーンなども直線的なデザインを選ぶことで一体感のある雰囲気になっていますね。すっきりと落ち着いた印象の寝室は、心地よい眠りにつけそうです。

いかがでしたか?窓辺の彩りによって部屋の雰囲気も多彩に変わります。理想とするお部屋の雰囲気に合わせて、ウィンドウトリートメントを取り入れてみませんか? 窓辺から考える住まいのインテリアコーディネートをぜひ楽しんでくださいね。