みんなの住まい

職住近接を花と人と愉しむ、元気の出る暮らし-住まいの数だけ暮らしがある-vol.27

趣味やライフスタイルに合わせたお気に入りの空間で、日々をていねいに暮らす…お部屋の居心地がよくなると、毎日の生活がより一段と充実したものになりそうですね。でも、いざやってみようと思っても「うまくイメージできない」方も多いのでは?

そこでみんなの住まい編集部では、「三井の住まい」に暮らす方のご自宅を拝見!
住まいを購入し、自分好みの空間を作り上げた"住まいの先輩”に、心地いいお部屋づくりのポイントやお気に入りのインテリアを教えてもらいました。

今回の訪問先

お花を絶やさず人との時間を愛するSさん

大田区在住 Sさん(40代)
おひとり暮らし

「迷うのが好きじゃない」から、こだわりは絞って

「仕事場が徒歩5分なんですよ」と笑顔で窓を眺めるSさん。バルコニーから職場の建物が見えるのは「職住近接」で住まいを決められた居住者様の中でもダントツの近さです。たまたま広告を見かけ、ご友人の付添いで訪れたモデルルームにて即決されたそう。その思い切りの良さは、インテリアについて伺った際の「迷うのが好きじゃないので」という言葉にも表れています。

書斎の壁面収納も含めてインテリアコーディネーターに相談し、テーブルは「いちばん売れているもの」を即決。挿し色があるとまとまりが出るというアドバイスには、「赤」と決めたら家電や家具を赤でセレクト。そんなSさんが大切にしているのはお花です。プリザーブドフラワーのほか、引越してから欠かさないカサブランカは、持ちが良く2週間かけて最後のつぼみまで開花するとのこと。香りが良いので芳香剤は必要ないとおっしゃいます。一年中生花の香りで暮らすとは、なんとも素敵な暮らしです。

左:挿し色は赤。 電話、体重計、調理家電。ダイニング椅子は書斎でも
右:質良し値段良しのカサブランカは、商店街のお花屋さんで

ご家族やご友人など、人との時間を大切にできる幸せ

自作ラベルの箱で靴を収納したシューズボックスは、お目当ての靴が一目瞭然。なんとその靴のほとんどが、離れて暮らすお姉様からのプレゼント! テレビ以外の家具家電を全て新調された今回の引越しでも、お掃除ロボや空気清浄機などの家電はお姉様からのお祝いだとか。そして室内に飾られているご友人とのお写真や、頂きもののディスプレイなどから、人とのつながりやお付き合い、姉妹の強い絆を大切にされている暮らしぶりが伝わってきます。

また、お酒も大好きということで、冷酒用の酒器やお猪口、片口、冷凍庫には錫のグラスなどこだわりの品々が。そして旅行や出張時に揃え続けた箸置きは四季を感じる粋なコレクション。そのお人柄とお住まいの居心地の良さに来客も多いようで、お二人以上が泊まりに来られるときには共用スペースのゲストルームを活用されるなど、新しい住まいでお仕事もプライベートもますます楽しまれているご様子でした。

左:亡きお母様を大切に想うお気持ちはお部屋の片隅にセンス良く
右:大好きなプリザーブドフラワーで、お手洗いも優しく華やかに

左:2つセットで揃え続けた箸置きは、四季折々に楽しめる日本の粋
右:お気に入りの酒器たち。コレクションはディスプレイも美しく

【訪問を終えて】Sさん

いろいろなタイミングでのサービスにとっても満足です

当初は1LDKのつもりでしたが、友人のアドバイスから転居する可能性も考え、次に譲りやすい2LDKにしました。職場に近いという立地はもちろん、室内の作りや設備、スカイガーデンやラウンジ、ゲストルームといった共用スペースも含め、こちらに引越して本当によかったです。購入時や引越し前後など、いつ疑問や相談を問い合わせても皆さん親切。それが三井のマンションでよかったと思う理由です。今日の取材も、とても楽しい時間を過ごすことができました。


すっきり暮らしたいから壁面収納をつくる、迷うのが嫌なので赤と決める、という潔さの一方で、大好きなものを思う存分愛でる。出張多めで職住近接のお住まいは「バランスの大切さ」を体現している暮らしでした。

住まいの先輩の暮らし方を見て、「自分ならこんな住まいにしたい!」と少しだけイメージがわいてきたのではないでしょうか。

みなさんもこだわりの暮らしが叶う、一生ものの住まい探しをしてみませんか。

三井の住まい 販売中物件はこちら