みんなの住まい

賃貸から分譲へ! 今日から始める3ステップ

「インテリアにはこだわって床や壁の色も自分で選びたい」「子どもが成長してから子ども部屋を用意してあげたい」など、床・壁紙をカスタマイズしたり、ライフスタイルに合わせた間取りの変更をするのはマイホームだからこそ叶うもの。賃貸住まいから、結婚や妊娠を機に「家を買おう!」と思っても、何から始めればよいのか見当もつかない……。という方も少なくないのでは? 今回は安心してマイホームを購入するための準備手順を3ステップに分けて考えてみました。

TOP画像/パークホームズ流山セントラルパーク

人の数だけ住まいがある。家族に合ったマンション選びは3つの手順で

マイホームの購入に興味を持ったときは、「家族構成」や「家族のライフスタイルに合っている物件を選ぶこと」が大切。家族全員がそれぞれ理想とする暮らし方を話し合い、それに合うような「希望の住まい」を決めていきます。第1ステップとして確認したいのが、「家族で叶えたい暮らし」や「家族が理想とする住まいはどんなものか」などです。これらは家族で決めることができる要素ですが、「マンションの売出状況」については違います。これが第2ステップとしてリサーチするもの。そして「家族の希望条件」や、「資金計画」に「今売り出しているマンション」をマッチングさせていくのが、第3ステップです。このように3つの段階を踏めば考えることも明確になり、希望の物件へアプローチしやすくなりますよ。

【第1ステップ】 理想の暮らし方をイメージ。新しい住まいで叶えたいことは?

パークホームズ吉祥寺北グランヴィラ

住まいは家族のライフスタイルや将来の希望を実現するもの。一人一人の理想とする住まい方をまずは話し合ってみましょう。立地や間取りなどの希望は、「絶対に譲れない条件」、「できれば叶えたい条件」などに分けて優先順位をつけます。例えば、「家族のコミュニケーションを大切にしたい」のであれば、オープンキッチンや、家族が一緒に過ごせる広いリビングなどの物件を選び、「アクセスの良さや立地を重視したい」のであれば、駅から近い物件や都心までのアクセスのよい場所に立っているものを選びます。
意見が対立したときは、家に一番長くいる家族の意見を尊重するとスムーズに進むかもしれません。家族全員で話し合って実生活に合ったプランを考えてみましょう。

購入後のゆとりのためには、無理のない予算のシミュレーションを

住宅の購入を考えたときには、ある程度の資金計画を立てられると良いでしょう。資金計画を立てることで購入したいと思っている物件のイメージもより明確になり、予算の枠がある程度決まれば第2ステップの物件チェックもしやすくなります。
「いくらまで住宅ローンを借りることができるのか?」は、住宅購入後の生活にも影響する重要な要因ですが、「いくらまで借りれるか」というより「いくらまでだったら無理なく返済できるか」に気を付けたいところ。住宅を購入するときに必要になるのは、物件の購入代金だけではなく、税金などの諸費用も必要です。資金管理をしっかりしておかないと予想外のお金が出てしまうこともあるので、しっかり調べておきましょう。「みんなの住まい」ではファイナンシャルプランナーの先生が詳しく解説しています。分かりやすい動画もあるのでこちらも是非チェックしてみてください。

不安解消! 初めての住宅ローン講座 動画まとめ

【第2ステップ】 インターネットを駆使するのがリサーチのコツ

理想の住まいのイメージや資金計画が練られたら第2ステップに進みます。第1ステップの条件を元に物件を調べていきましょう。物件の情報収集としては、インターネットが最もポピュラーなのではないでしょうか。通勤など移動中や自宅にいながら情報収集ができ、紙媒体と違って紙面の制約もないので間取り図や写真などの情報量も豊富です。もちろん情報が無料で手に入るというメリットも。平日は仕事で忙しい……という方も、インターネットを駆使すれば空いた時間に目的の物件を効率よく探すことができますよ。

物件検索サイトは様々ありますが、中でも「不動産会社のサイト」は自社で供給している物件の詳細が幅広く掲載されているのが特徴的。例えば主要駅へのアクセスや、スーパーや医療機関など日常生活に欠かせない施設が掲載されているので、物件のある地域の土地勘がなくても毎日の暮らしをイメージできます。物件一つ一つのHPを見ればエントランスなどの完成イメージ画像やソフトサービスの内容など細かに記載されているため、自分たちの理想の暮らしを叶えられる物件かどうか具体的にイメージできます。 また、「大規模マンション」や「駅徒歩5分以内のマンション」など、気になるテーマからも物件を探すことができるので、リサーチの手間も少なく欲しい情報にダイレクトにアクセスできる点も、インターネットを活用するメリットなのではないでしょうか。

どんな場所で暮らしたい? 物件選びはエリアから選ぼう

「三井のすまい」HP

物件探しはまずエリアの絞り込みから始めます。大きく考えて都心か郊外か、郊外の中でも公園が多い場所か、都心の中でも文教地区であるなど、第1ステップで整理した優先順位に従えば、居住エリアが自然に決まってくるはずです。エリアが決まれば候補地も定まるので、その後に物件を探してリサーチの時間を短縮することもできます。希望エリアを決めていよいよ候補の物件が絞られたら、モデルルームに見学に行く準備をしましょう。気になった物件や希望に合いそうな物件をいくつかピックアップし資料請求をしておくと、見学に行く前に当日見ておくべきポイントの確認もできますね。

【第3ステップ】 家族の希望と物件のマッチングのために、モデルルームへ

パークホームズ二子玉川 彩翠邸

マンションのモデルルームでは、間取り図だけでは分かりにくい空間を体感できます。部屋の広さ、収納や水回りなど、手で触って体感してみてください。例えば実際にキッチンに立ってみることで、家族の気配の感じ方などが体験でき、毎日の生活をイメージすることができます。インテリアのコーディネート方法や暮らしをより豊かにする最新設備もチェックしておきたいポイントです。

モデルルームに行くときは、できれば新居に住む家族全員で行けるとベストですね。それぞれが理想とする視点で物件を見れば、皆が納得できる住まいを購入することができるのではないでしょうか。住まいの周辺環境をチェックすることも忘れず行いましょう。ショッピングモールや公園などを巡りながら理想の暮らしが実現するか家族で話し合ってみてください。
「みんなの住まい」では以前、モデルルームに行く前に準備しておきたいことや、見学のコツをお伝えしました。こちらも是非参考にしてみてください。

モデルルームに行く前に! 知っておきたい見学のコツ

いかがでしたか?
マイホームの購入も3つの手順に分けて考えれば、スムーズに進めることが出来そうですね。
理想の暮らしを実現するために、ぜひこの3ステップを参考にしてみてください。