みんなの住まい

子どもの五感を刺激する環境が魅力! 世田谷区豪徳寺の暮らし

“猫寺”で有名な「豪徳寺」があり、最近は外国人観光客の姿も多く見られるようになった、世田谷区の豪徳寺周辺。落ち着いた雰囲気の住宅街が広がるこの地域で、地元の方はどのような暮らしを送っているのか、お話を伺ってきました。

お話を聞いた人:加納 さゆりさん

世田谷区豪徳寺在住歴約4年、お寺の「豪徳寺」の近くにお住まいの加納さん。現在7歳と1歳のお子さん、ご主人と、ご主人のご両親との6人で二世帯住宅にお住まいです。ご自宅を会場として、ベビーマッサージやファーストサインなどを学べる親子のふれあいコミュニケーション教室「e bloom(イーブルーム)」を主宰されています。


—以前は練馬区にお住まいだったとのことですが、豪徳寺に住まわれるきっかけは何だったのですか?

主人の実家がもともと豪徳寺だったんです。そこで両親が家の建て替えを検討していて、それなら二世帯住宅にしようということになって。長男の入園前に建て替えて引っ越してきました。

改札を出ると招き猫がお出迎えしてくれる小田急線豪徳寺駅前。近くにある豪徳寺が「招き猫発祥の地」として有名。

—ご主人のご実家で、以前からよく知っている街だったんですね。

環境が良いことはわかっていたので、違う土地からの移住にまったく抵抗はありませんでした。渋谷まで30分、新宿へも20分くらいと交通の便も良いのがいいですね。

—「環境が良い」とは具体的にどんなところでしょうか?

交通の便に加えて、やはり自然が多いことですね。越してみて改めて、本当に緑が豊かだなと思いました。緑道とか寺社も多くて、桜や新緑、紅葉など外を歩けばいつも季節を感じられます。鳥の声や虫の音で目が覚めるって本当にあるんだなあって。しかもこんな都心に近い場所で、というのは珍しいのではないでしょうか。

—他の地域と違うなと思うところは?

環七通りや世田谷通りなど大きな道路に囲まれているのですが、喧騒もなくすごく静かで落ち着いています。世田谷線の踏切の音も、なんとなく懐かしさがあって心地いいんですよね。良い意味で「都心っぽさ・田舎っぽさ」が混在している面白い街です。

烏山川緑道。車が通らないので子どもの通学路としても安心。

—自然の多い環境で、子どもたちはどのようにすごしているのでしょうか?

子ども達は通学路になっている緑道で花の名を覚えたり、神社や公園でカブトムシなど虫を捕まえてなかなか帰ってこないことも。豊かな自然のおかげで、遊びながら五感を使ってたくさんのことを学んでいるような気がしますね。子どもを通わせている小学校は「愛鳥モデル校」とされていて、授業で近所へバードウォッチングに出かけたりしています。

—教育環境として、満足していますか?

駅前は繁華街もなくて静かですし、溜まり場ができたりとか雰囲気が荒れるような不安もあまりありません。また、最近では周辺の小学校はどんどん建て替えを行っていて、新しくなっているんです。設備の良い学校で勉強できる、という点でも地元のママたちに期待されています。

加納さんのお子さんが通う小学校も建て替え中。(来春完成予定で、現在は仮校舎に通っているそうです。)

—周辺にお住まいの方は、子育て世代の方が多いですか?

もともと古くから続く住宅街なので、お年寄りの方がたくさんいます。そして我が家のように、子世代が戻ってくる二世帯家族、初めて豪徳寺を選んで越してくる若い家族と半々くらいですかね。子育て世代が増えていて、小学校のクラスも増設されるのでは? と噂になるくらい。以前は専業主婦の方が多かったのですが、最近は共働きの方が増えたと思います。私の教室に通う方も、育休中と言う方が増えました。

—人の雰囲気や、子育て環境で良いところがあれば教えてください。

人の雰囲気は、親も子ものんびりしています。子どもの友達のおじいちゃんおばあちゃんが、みんな自分の孫のように接してくれて、いつも家族がいっぱいいるような感覚です。地域のお祭りや行事に誘ってくれたり、顔を見れば声をかけてくれたり。自然と見守り環境ができている気がしますね。

—ご近所付き合いは盛んですか?

みんな世話好きなんだけど、程よい距離を保ってくれるので、人付き合いで気疲れするなんてこともありません。そういうところは都会ならではなのかなと感じます。町内会もありますが、縦と横でうまく繋がっています。ママ達は幼稚園や学校がきっかけで同世代の子がいるママ同士が仲良くなることが多いのですが、お互いに紹介しあって輪を広げていく感じですね。

—日常のお買い物は、どちらまで?

小田急線豪徳寺駅は駅前に商店街があって、大きめのスーパーやパン屋さん、コンビニもあり、ちょっとした買い物はそこで出来ます。スーパーは24時までやっているので、帰りが遅くなる方にも便利だと思います。地元のママたちは自転車を駆使してお隣の梅ヶ丘に行ったり、経堂まで行くこともありますね。色々と使い分けて買い物できますよ。

左:地元の人で賑わう豪徳寺駅前商店街のスーパー。右:お隣の経堂駅前にあるショピングモール「経堂コルティ」にはスーパーのほか、おしゃれな雑貨店やレストランなども入っている。

《加納さんのおすすめスポット!》

豪徳寺駅の改札を出て左に徒歩1分、豪徳寺商店街にある「墨繪(すみのえ)」。「新宿に本店のあるレストランのパン屋さんです。定番のクリームパンやチョコパンも人気ですが、私は具がたっぷり入ったサンドウィッチをよく買います。お友達が遊びに来るときなど用意しておくと喜ばれます。」(加納さん)

—お子さんとのお出かけも地元が多いですか?

普段のお散歩は家の近くの公園やお寺、緑道に行ったり、世田谷線の電車を見に行くのが定番コースです。広い公園に行きたい時は、自転車で砧公園とか、馬事公苑まで足を伸ばしますね。休日は車で横浜や、港北エリアによく行きます。環七通りや首都高の永福出入口が近いので、車を使っての遠出もしやすいんです。子どもがまだ小さいので、イケアとかららぽーとなど安心して遊ばせられる場所へ行きます。

懐かしい風景を作る、路面電車の世田谷線。「車体の色のバリエーションが豊富で、全色見てから帰る!と子どもに言われて困ることがあります(笑)」(加納さん)

—豪徳寺の暮らしは、どんな方におすすめですか?

自然が多い環境で子育てしたい方とか、落ち着いた住環境が良い、という方にはピッタリです。お年寄りも多いですが、アクセスが良いので若い世代の方も住みやすいと思います。三軒茶屋、下北沢、経堂といった若者に人気の街も近くて。最近若い世代や観光客の方が増えたためか、商店街にも新しいお店がちらほら増えてきました。今後も自然環境を残しつつ、おしゃれなスポットや便利なお店が増えて楽しい街になっていくといいですね。

—ありがとうございました。

豪徳寺の街並みはどこを歩いても、大きな空の抜け感と、豊かな緑がありました。楽しそうに草木や花を見ながら寄り道している子どもたちの姿を見ていると、都心から近い場所ということを忘れてしまいます。都心の利便も活用しつつ、静かな街でゆとりある子育てがしたいという方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

加納さんが主宰する親子のふれあいコミュニケーション教室「e bloom(イーブルーム)